売上げが伸びない、コストの削減が難しい、情報が集まらない、人材の確保・養成が思うようにならない等、中小企業において経営上の悩みは少なくありません。また、高度情報化社会の到来、技術革新の急速な進展、消費者ニーズの高度化・多様化など、昨今の中小企業を取り巻く環境はその経営を一層困難なものとしています。
中小企業がそれらの困難を乗り越え、新たな発展をしていくためには、個々の企業の努力は大切なことですが、個々の能力には自ずと限界があります。
このような難しい問題に取り組むためには、同じような立場にある中小企業者同士が集まり組合をつくることで、不足している経営資源を相互に補完しあい充実・強化していくことが最も効果的であるといえます。
中小企業組合をつくることで以下のような様々なメリットがあります。


企業体質の強化ができる

各種の共同事業を活用することによりコストの引下げ、生産性の向上、省力化、技術・品質の向上が解決され、企業体質の強化が図れます。
 

人材養成・情報収集が容易

経営者・後継者を対象にした研修や従業員を対象にした教育・訓練などの人材養成、福祉増進事業による従業員の雇用促進と定着が、また、マーケティング情報や経営ノウハウに関する情報などの幅広い情報収集・交換が図れます。
 

対外信用力が増大する

多数の企業が集まることにより組合の信用力が増大し、それに伴い国・県などの有利な融資制度が利用でき、また、顧客や取引先からも信頼され、取引の円滑化が図れます。
 

中小企業施策が活用できる

中小企業者の個々の声を組合で統合することにより、その意見や要望事項を中小企業施策に反映させることができ、また、多くの中小企業施策を利用することができます。
 

業界の改善発達が望める

業界のルールの確立、秩序に維持ができ、メンバー企業の経営安定とあわせ業界全体の改善発展を図ることができます。

 

中小企業経営者の方々の次のようなご要望にお応えします。

客様ニーズの多様化や価格競争の中、経営の安定を図りたい。

業界のルールの確立、秩序に維持ができ、メンバー企業の経営安定とあわせ業界全体の改善発展を図ることができます。
 

後継者や社員の育成がままならない。

中央会では、組合を対象とした各種コンサルティングを実施するほか、マーケティング情報や経営ノウハウにかんする情報提供、各種研修事業の助成を行っております。
 

思い切った設備投資ができない。

多数の企業が集まることにより組合の信用力が高まり、国や県などの有利な融資制度が利用できます。