厚生労働省と労働災害防止団体では、休業4日以上の死傷災害で最も件数が多い「転倒災害」を減少させるため、平成27年1月20日から「STOP!転倒災害プロジェクト2015」が開始されました。
 昨年は記録的な大雪により、2月の転倒災害の発生件数が大幅に増加し、今年もすでに多くの地域が大雪に見舞われています。
 また、高年齢労働者が転倒した場合には、休業日数が長くなる傾向が見られ、労働力人口の一層の高齢化が見込まれる中、事業場における転倒災害防止対策の徹底が求められています。
 このプロジェクトでは、転倒災害の多い2月と全国安全週間準備月間である6月を重点取組期間として、安心して働ける職場環境の実現を目指しております。

 是非、貴事業所の転倒災害の防止に向けた職場の総点検にご活用下さい。


◆ 詳細サイト
 厚生労働省


◆ 参考資料
 ・転倒災害の発生状況[PDF:227KB]
 ・STOP!転倒災害プロジェクト2015の概要[PDF:294KB]
 ・STOP!転倒災害プロジェクト2015実施要綱[PDF:147KB]


◆ お問合せ先
 労働基準局安全衛生部安全課
   電話(代表):03-5253-1111(内線5481)
   電話(直):03-3595-3225