近年の外国人労働者の増加に伴い、新規結核患者に占める外国生まれの患者の割合が全国的に増加しています。熊本県においても、令和3年(2021年)は過去10年のうち外国生まれの患者の割合が最多となっており、今後も増加していく可能性があります。結核は発症した場合でも、きちんと治療すれば治る病気です。外国人を雇用される事業者の皆様におかれましては、結核を正しく理解して、外国人をはじめとした従業員の健康管理を行っていただきますようお願いします。
 詳細につきましては、熊本県HPをご確認ください。

結核啓発チラシ