トラック運送事業者は深刻なドライバー不足に陥っており、また、時間外労働の限度時間が設定されることを踏まえ、社会インフラである物流が滞ってしまうことがないよう、緊急に労働条件を改善する必要があり、荷主の理解と協力のもと、コンプライアンスを確保する必要があります。
 そのためには、荷主や配送先の都合による長時間の荷待ち時間や、ドライバーが労働時間のルールを遵守できないような運送の依頼等を発生させないことが重要であり、荷主の理解と協力が必要不可欠です。

詳細についてはこちらをご覧ください。
改正貨物自動車運送事業法[PDF形式:851KB]